2021-02-04

目視外飛行を行う無人航空機に関する飛行情報の提供について

■目視外飛行を行う無人航空機に関する飛行情報の提供について
フライト目的
点検のためのフライト業務

飛行日時
2月15日(月)~19日(金)9:00~16:00のうち4時間程度

飛行経路
長野県飯山市大字飯山地内
以下ポイント座標
36.8550035     138.32055
36.85542850  138.31965740
36.85606590  138.31923970
36.85614310  138.31913980
36.85654028  138.31881011
36.85674797  138.31840555
36.85622439  138.31825720
36.85579673  138.31851437
36.85544716  138.31871360
36.85509595  138.31874048
36.85496971  138.31846267
36.85501950  138.31814801
36.85536868  138.31780212
36.85557564  138.31752923
36.85575360  138.31707580
36.85601870  138.31652600
36.85606270  138.31629130

飛行高度:最大高度80m
機体数 :1機
機体諸元:回転翼機
  全幅:約1.1m
  全長:約0.9m
  高さ:約0.5m
  重量:最大14kg 
   色:白色

問い合わせ先
イームズロボティクス株式会社 sales@eams-robo.co.jp

飯山ルート
飯山ルート

飯山フライト位置
飯山フライト位置
東空運第22005号 許可年月日令和3年2月5日

飯山ルート

飯山ルート

2020-12-21

*令和2年度 「福島県産ロボット導入支援助成金」募集期間延長

平素は弊社製品をご哀願いただき厚く御礼申し上げます。

福島県では、福島県産ロボットの導入促進を図るため、福島県内で製造又は開発されたロボットについて、
その導入費の一部を助成しております。

募集期間:令和2年4月13日(月)~令和3年1月29日(金)必着

※令和2年12月18日から、募集期間が延長され【令和3年1月29日】必着となりました。

イームズロボティクスでは、福島県内でドローンの製造・開発をしており、
過去には導入支援助成金をご活用されたお客様もいらっしゃいます。
※福島県内で自らの事業活動のために活用することを目的として導入するロボットが対象。
詳細は、福島イノベーション・コースト構想推進機構様のホームページをご確認ください。

※関連リンク
申込み・問合先:(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構
福島イノベーション・コースト構想推進機構HP

2020-12-09

エアロスプレーヤーAS510 販売スタート

エアロスプレイヤーAS10は、液剤、粒剤ともに高精度かつ広範囲に効果的に散布することができる高性能農業用ドローンです。

従来の小型ドローン エアロスプレイヤーAS5Ⅱよりタンクが大型化。
最大容量10リットル(推奨8リットル)
一度に1haの散布が可能です。

薬剤切れやバッテリー切れなどにも対応し、
自動飛行も簡単に行うことができます。


業界初 Ntrip方式にも対応予定。
LTE-RTKのため、固定局アンテナを使用せずとも、センチメーター級の精度で飛行させることができます。
また、新機能である「ルートキャリブレーション」と合わせることにより、
地図と現場の座標のズレを修正することができます。

また、一度作成したルートを呼び戻すこともできるので、
例え1年後であっても、昨年作成したルートを使用可能。
ズレずに正確な飛行を再現します。


【詳細】
フライトコントローラー:Pixhawk2.0
軸間:1,501mm/折り畳み時:800mm程度
AS10は、LiPo6セル(498Wh)を2本搭載し、約10分で1haを散布することができます。
散布巾は4m、高さ2.7mを維持して飛行します。

・本体(テレメトリー含む)
・プロポ
・バッテリー(2本)
・充電器セット
・自動航行用Windowsタブレット(10インチ、12インチから選択)
・ツールセット

商品付帯保険あり、導入講習は実技・座学の計2日~から

発売は2020年12月(本日より)
受注生産(最短納期2021年3月を予定しています)

販売はイームズロボティクス株式会社
お問合せは下記
https://eams-robo.co.jp/mailform/contact.html

エアロスプレイヤーAS10登場

エアロスプレイヤーAS10登場

2020-04-16

E470SU1 キャリブレーション設定の仕方

◆アクセルキャリブレーションのやり方

◆コンパスキャリブレーションのやり方

2019-10-30

エアロスプレーヤーAS5Ⅱ 販売スタート

https://eams-robo.co.jp/images/as5-2_001.jpg
イームズロボティクス株式会社(本社:福島県福島市、斎藤 仁 CEO)は、
今年に農業Weekでリリースされました「 エアロスプレーヤーAS5Ⅱ」が、
正式に発売決定いたしました。

エアロスプレイヤーAS5が生まれ変わって新登場。
より扱いやすくなりました。


【1. エアロスプレーヤーAS5Ⅱの主な特長】
(1)均一散布巾4m

https://eams-robo.co.jp/images/as5-2_007.jpg

ヤマホノズルを採用。
液垂れの心配もありません。

(2)高精度センサー&GNSSアンテナにより安定飛行を実現

https://eams-robo.co.jp/images/as5-2_008.jpg

レーザーレンジファインダーを搭載することにより、正確に地形を認識、作物との距離(高度)を一定に保つことができます。農地の起伏に合わせ飛行し、ユーザーの操縦を補助します。

(3)自動飛行モード対応

https://eams-robo.co.jp/images/as5-2_009.jpg

EAMS ROBOTICSはエアロスプレーヤーAS5・AS5Ⅱをはじめとする農薬散布ドローン全てに自動散布アプリケーション(無料)を提供いたします。
※インストール済タブレット本体は有料(オプション)

このアプリケーションを使用すると、機体全体の飛行状況を直感的に管理することができます。
ご自身のお持ちの圃場でご利用する際には、散布の作業効率が向上するよう散布ルートを自動作成します。

散布モードは全3種類。
通常の液剤及び1kg粒剤散布に適した散布モードの他に、豆つぶ剤専用の回転散布モード、リモートセンシングを応用した局所散布モード(追肥にも対応)もご用意いたしました。(後述)

(4)豆つぶ剤にも対応

https://eams-robo.co.jp/images/rumble02.jpg

粒剤散布装置(別売り)を装着することにより、
粒剤(1mm~5mm)まで対応する他、豆つぶ剤にも対応しています。

(5)散布装置の取替えが簡単に
液剤タンク・粒剤タンクの取替えが簡単になりました。
専用のつまみ(ロック)を外すことで簡単に着脱可能になりました。
取り付け作業に工具は必要ありません。


【2.製品概要】

販売名     :エアロスプレイヤーAS5Ⅱ
寸法      :軸間 1,060mm
最大離陸重量  :15.9kg
タンク容量   :5.0リットル
散布巾     :4.0m
プロペラ    :20インチ
機体フレーム材質:アルミニウム、カーボンファイバー
飛行時間    :約12分(散布時)
最高速度    :20km/h
耐風性能    :10km/s以下
搭載バッテリー :355Wh×2本(6セル/LiPo)
フライトコントローラー:Hex Technology Pixhawk2.1
衛星測位システム:GPS/GSNN
自動航行機能  :有
テレメトリー機能:有(プロポ及びPC)
飛行ログ機能  :有
安全機能    :①バッテリー残量規定値以下での自動帰還
         ②プロポ通信断での自動帰還
         ③ジオフェンスによる自動帰還
視認性LED   :前方 GREEN
        :後方 RED


【3.スマートモード】

https://eams-robo.co.jp/images/as5-2_012.jpg

別名:ABモード
自動と手動を組み合わせて、手軽に散布できるモードです。
A・B間の飛行を記録します。
縦軸(A・B間)を自動で飛行し終えたら、
手動に切り替えて、4mの散布巾に合わせて、横移動します。

再び「自動飛行」のスイッチを入れると、
A'-B’間を自動で飛行します。



【4.発売日/標準価格】

受注開始   : 2019年11月1日
出荷開始   : 2019年2月中旬予定
標準価格   : オープン価格



【5.カタログ】

ダウンロード

イームズロボティクス ダウンロードページからもご利用いただけます




【6.プロモーションビデオ】
■エアロスプレイヤーAS5Ⅱ プロモーションビデオ

■エアロスプレイヤーAS5Ⅱ 粒剤散布装置/豆つぶ剤散布

■自動飛行モード

2019-06-01

USV ZR-6(農薬散布ボート)発売スタート

https://eams-robo.co.jp/images/zr6-1.jpg

イームズロボティクス株式会社(本社:福島県福島市、斎藤 仁CEO)は、
2018年に次世代農業EXPO'18でリリースされました「ZRシリーズ」のうち、
液剤散布に特化した水田防除用(フロアブル剤滴下)ラジコンボートを発売いたしました。

多くの農家さんにとって、農薬散布は重労働です。
手撒き作業から簡単操作のラジコンへ、省力・効率散布を行い、さらに操縦する楽しさをプラスいたしました。


【1.ZR-6の主な特長】
(1)EAMS GYRO-STABILIZED
高出力ブラシレスモーターによるエンジントラブルフリーの走行性能を有しています。
ジャイロセンサー搭載で直セイン安定性と簡単操作を実現しました。

(2)Variable injection System
着脱式4リットルタンクを搭載。
最大 毎分1ℓまで吐出量を無段階で調整可能です。
20アールあたり最速約1分での散布をいたします。

(3)免許・申請手続きは不要
無人ヘリ・ドローンのような免許・面倒な申請手続きは不要です。
ご購入後、お客様の好きなタイミングでご利用いただけます。

(4)ドリフトしません
水上滴下なので、空中散布のような周辺への薬剤飛散のリスクがありません。

(5)FRPボディ
小型・軽量FRPボディで持ち運びも楽々。
高浮力船体採用により水深5cm以上の水田で走行します。
小回り性能も抜群です。


【2.製品概要】

販売名     :USV ZR-6
寸法・重量   :全長 1,230mm
        :全幅 670mm
        :全高 640mm
        :重量 10.8kg
駆動方式    :モーター 防水防塵ブラシレスモーター
        :プロペラ 繊維強化ナイロン 18インチ
        :出力   670W/6,900rpm
        :姿勢制御 ジャイロ
バッテリー   :本体   Li-Po バッテリー(6セル 138Wh) 2本
        :送信機  単3形アルカリ乾電池4本
液剤タンク容量 :4.0ℓ
吐出量     :0.4ℓ/min ~ 1.0ℓ/min(可変)
連続走行時間  :スロットル70%での連続走行時 15分


【3.運用方法】
代掻き後、浅い部分でも5cm以上の湛水がなされ、電面の露出のない水田でご使用ください




【4.発売日/標準価格】

受注開始   : 2019年6月1日
出荷開始   : 2019年8月中旬予定
標準価格   : 65万円(税抜き)



【5.カタログ】

ダウンロード

イームズロボティクス ダウンロードページからもご利用いただけます




【6.プロモーションビデオ】

2018-10-05

MissionPlanner推奨バージョンについて

平素は弊社製品をご哀願いただき厚く御礼申し上げます。

2018年10月1日現在、
イームズ社製のドローン各種において、
製品のバージョンアップ情報をお知らせいたします。

対象製品をお使いのユーザ様は内容をご確認のうえ、アップデートを行ってください。

対象製品とバージョンアップ内容、製品名、バージョンアップ内容(特記)
-----------------------------------------------------
【対象製品】 
UAV-E470SU1
UAV-E470MP
UAV-E695MP
UAV-E6106MP

ソフトウェア MissionPlanner
version     Ver 1.3.49
----------------------------------------------------

【注意点】
ソフトウェア起動時に更新の有無を確認する項目が出る場合がございます。
最新版にバージョンアップせず、「NO」をご選択ください。

▼ソフトウェアダウンロード

http://firmware.ap.ardupilot.org/Tools/MissionPlanner/
※Mission Plannerのバージョンが更新されている場合は、「archive」からダウンロードをしてください。

2018-10-31

*終了いたしました 福島県内測量業者様向け「福島県産ドローン 写真&レーザーによる3D測量デモンストレーション」

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
-------------------------------------------------------

日時:2018年11月14日(水)13:00~16:00
   ※雨天時予備日:11月15日(木)
会場:あづま総合運動公園(東北自動車道福島西ICより車で約10分)
   ※参加:無料
主催:イームズロボティクス㈱
協力:福井コンピュータ㈱、㈱ラポーザ

当日は、写真測量だけでなく、レーザースキャナ搭載ドローンの実演飛行をはじめ、実例や測量ソフトとの連動などもご紹介いたします。
工事上空からのHD映像配信と、自動航行を活用した広範囲にわたる測量を可能にするドローンにご興味をお持ちいただけましたら、ご参加をご検討ください。
※雨天中止連絡のため、参加ご希望の方は、事前に弊社までご連絡ください

デモ会チラシダウンロード

2018-03-08

株式会社エンルートM’sによる株式会社エンルートラボへの出資、 及びそれにともなう新グループ体制について

2018年3月8日
イームズロボティクス株式会社
株式会社イームズラボ
 
株式会社エンルートM’sによる株式会社エンルートラボへの出資、
及びそれにともなう新グループ体制について

株式会社エンルートM’s(本社:福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦、以下エンルートM’s)は、株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸、 以下エンルートラボ)の、第三者割当増資引き受けにより、3月1日付けでエンルートラボの92.4%の議決権を取得し、子会社化いたしました。
あわせて、エンルートM’sはEAMS Robotics(イームズロボティクス)株式会社、
エンルートラボは株式会社EAMS LAB(イームズラボ)と商号変更をいたしました。
 
EAMSはEngineering for Autonomous Mobilitysの頭文字

測量サーベイ用機体・可搬性に優れた汎用機体レザースキャナー搭載用機体、安価な農業散布機体や災害救急用機体やインフラ点検等の特殊機体などの防塵防滴化UAVにとどまらず、物流UGV・ディープラーニング開発研究用キットなど多用途にわたる農林水産・産業・防災・医療・研究向けの自律のモビリティーの開発と販売を行ってまいります。

イームズロボティクス株式会社は、機体の企画開発及びマーケティング・機体の組み立て及び補修メンテナンス・各種ソリューション提供・オペレーター指導・産学官のプロジェクトマネージメントを担い、株式会社イームズラボは自律制御技術・AI・ディープラーニング・通信技術開発・クラウドコンピューティングなどの先端的開発を担当いたします。

株式会社イームズラボの技術最高顧問には、株式会社エンルートの創業者であり、国内
ドローンエンジニアリングのトップランナーである伊豆 智幸氏が就任し、国内でも有数の
エンジニアグループを率いて、オンリーワンの開発を実現していくことになります。

私たちイームズグループは、UAVを含むすべての製品とソリューション提案によって
「人間が行うには危険な仕事」「人間にとって極めて重い労働」「多くの人数と労力・時間を必要とするもの」をロボティクス技術に置き換えていきます。
技術のための技術ではなく、社会に必要とされる「道具」としてのソーシャルロボティクス企業を目指します。
 
イームズロボティクス株式会社 概要
名称  イームズロボティクス株式会社
所在地 福島県福島市西中央2丁目21番地
資本金 1億円(資本準備金含む)
株主  株式会社テレビユー福島、株式会社MTS&プランニング
取締役 取締役会長 信国 一朗(経営戦略)
代表取締役社長 辺見 俊彦(経営全般・執行)
取締役 齋藤 一男(浜通り開発センター)
取締役 門馬 敬(非常勤)

株式会社イームズラボ 概要
名称  株式会社イームズラボ
所在地 埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29
資本金 2億1600万
株主  株式会社イームズロボティクス、伊豆 智幸
取締役 取締役社長 齋藤 一男(経営全般)�