2018-10-16


セルラードローンによる離島間輸送の実証がプレスリリースになりました。

2018年10月10日
イームズロボティクス株式会社
株式会社NTTドコモ九州支社


 イームズロボティクス株式会社(以下、イームズロボティクス)と株式会社NTTドコモ九州支社(以下、ドコモ)は、「救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク※1」の協力のもと、2018年9月1日(土)の防災の日に沖縄県南城市で開催された沖縄県総合防災訓練(以下、本訓練※2)において、セルラードローンを用いた物資輸送、および映像伝送の実証実験を実施しました。

 本訓練では、ドコモが開発したドローンに積載可能な小型・軽量のLTE通信デバイスと遠隔監視・映像伝送システムを使用します。沖縄県南城市の安座間港と久高島との約6kmの飛行航路において、LTE通信デバイスをイームズロボティクスの開発したドローンに搭載することで、無線機などの物資輸送飛行、久高島島内での避難者捜索、およびドローンの飛行状況と飛行ルートの映像をLTEネットワーク経由でリアルタイムに専用サーバへ伝送に成功しました。

 セルラードローン用のLTE通信デバイスを搭載することで、LTEサービスエリア内であればドローンの場所に関係なくリアルタイム映像伝送が可能となります。この防災インフラを提供することで、災害発生時の人命救助をより広域、かつ迅速に行うことが可能となります。

 今後、ドコモではこれまで培ってきたネットワーク技術やプラットフォームビジネス等の様々な技術アセットやノウハウを活用し、またパートナー企業とも協創し、社会課題の解決やより豊かな社会の実現をめざして、先進的なドローンサービスを創出してまいります。

 またイームズロボティクスは、災害医療現場において、避難所のアセスメント・医療資器材等の物流搬送・ハザードマップとの連携により災害現場での後方支援活動に利活用できるタフなロボティクス(ドローン:航空・陸上・水上)を、多様な企業様とのパートナーシップにより開発してまいります。引き続き、地域の社会的課題に合わせたオーダーメイドによる製品とオペレーションサポートを提供してまいります。


※1 救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク

ドローン(航空・陸上・水上)を活用し、災害現場の空撮・探索・AIによる避難者のカウント・ハザードマップによる災害情報の可視化・医療資器材搬送などを産官学チーム「救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク「(東京大学、芝浦工業大学・日本医大千葉北総病院・イームズラボ・イームズロボティクス)による課題解決活動を行っています。
またドローンの操作・運航管理、安全確保および法的社会問題提起活動も行っております。
災害医療現場において、ロボティクス(ドローン:航空・陸上・水上)を利活用し、避難所のアセスメント、医療資器材などの物資搬送、ハザードマップとの連携により災害現場での後方支援活動を行っています。
    

※2沖縄総合防災訓練の内容

沖縄総合防災訓練の一部として、以下の内容を実施しました。
沖縄本島沖で震度6弱の地震が発生し南城市の久高島におよそ5メートルの津波が到達したという想定で行われ、南城市の安座間港から久高島までドローンを使って無線機などの物資を運ぶ手順の確認。
・ドローンに搭載されたカメラで島内の避難者を捜索するなど一連の流れの確認。

関連リンク

2018-10-10
草むらのイノシシも発見しやすい

草むらのイノシシも発見しやすい

高性能サーモカメラを搭載した提案

高性能サーモカメラを搭載した提案

サーモを有効活用し、対策を考える

サーモを有効活用し、対策を考える


【鳥獣害対策】サーモカメラによるイノシシ調査 浪江サーモ調査15分Ver 公開いたしました

【サーモカメラ搭載ドローン】(UAV-E470MP+FLIR Duo Pro R)
暗い夜にサーモカメラでイノシシを撮影できることは証明れています。
今回は明るい時間帯に草原などを徘徊しているイノシシの撮影を試みました。

撮影場所:福島県浪江町 某所

EAMS ROBOTICSチャンネル

とても貴重な映像です。
福島県の浪江町周辺では、このように野生のイノシシが住宅付近まで来ており、わが社ではドローンなどの無人機を活用して、害獣対策に乗り出します。

2018-10-04
最新農業用ドローン

最新農業用ドローン

最新農業用ボート(ZR-6)

最新農業用ボート(ZR-6)

最新農業用ボート(ZR-7α)

最新農業用ボート(ZR-7α)


【出展情報】農業ワールド2018

農業ワールド2018
第5回 国際 次世代農業EXPO 

会場:幕張メッセ
小間番号:40-14
会期:2018年10月10日(水)~12日(金)
   10時~18時(12日のみ17時まで)

EAMS ROBOTICS 初出展となる「次世代農業EXPO」。
いよいよ来週となりました。
今回の目玉は新型の農業用ドローン、そして農業用ボートです。
ボートはドローン業界でもまだ参考展示が少なく、お客様の目を引くこと間違いなし。
EAMS ROBOTICSが自信を持って提案する「新しい水稲の形」です。

その他、センシングによる研究発表や、開発中のシークレット機体の展示なども…!?

皆さまのご来場をお待ち申し上げます。
公式ホームページ

2018-10-01


無人航空機の講習団体および管理団体に関するお知らせ

国土交通省航空局ホームページに掲載する無人航空機の講習団体および管理団体の一覧に掲載されました。
管理団体:イームズロボティクス㈱
講習団体:イームズロボティクス㈱、㈱KKTイノベート、㈱国際資源リサイクルセンター
導入講習詳細について


※関連リンク
国土交通省航空局HP(10月1日付)無人航空機の講習団体及び管理団体
【ダウンロード】

2018-10-01
総務省と締結いたしました

総務省と締結いたしました


「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等) に関する協定」の締結

EAMS ROBOTICSは総務省と
「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定」を締結いたしました。

これは、災害時等において、無人航空機(ドローンなど)に関する必要な操縦技術等を有する民間事業者との連携により、災害現場の映像や画像などを撮影し消防庁に速やかに伝送することによって、災害状況を迅速に把握することを目的としております。
協定は総務省にて行いました。
(協定期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日まで)

弊社は、北海道・東北ブロック内 福島県福島市となります。

引用元

2018-08-21
総務省沖縄総合通信事務所 報道発表

総務省沖縄総合通信事務所 報道発表


山岳遭難者の救援支援システム開発実験を開始

ドローンによる交通困難地域への災害対策用移動通信機器の搬送訓練

救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク(イームズロボティクス所属)は、沖縄地方非常通信協議会(会長:総務省沖縄総合通信事務所長 久恒 達宏)と、沖縄県が実施する沖縄県総合防災訓練と連携し、大規模災害が発生した際の通信手段を確保するための非常通信訓練を実施致します。
訓練の詳細は、下記サイトより別紙ご参照ください。

総務省沖縄総合通信事務所 報道発表(8月21日付け)
記事引用元

2018-08-13
親子で歩くイノシシたち

親子で歩くイノシシたち

乗用車に接近するイノシシ

乗用車に接近するイノシシ

サーモカメラとドローンによる観察

サーモカメラとドローンによる観察


【鳥獣害対策】サーモカメラによるイノシシ調査 公開いたしました

サーモカメラによるイノシシ調査(2018年8月13日)
福島県浪江町 ドローンによる夜間イノシシ行動調査記録

※このプロジェクトはドローン(UAV) と無人地上車両(UGV) を活用した害獣対策と物資輸送技術を開発し、福島県浜通り地域で無人地上車両の製造等を行うことを目的としており、対象害獣について、国内で被害額が一番多い害獣はシカでありますが、福島県内においてはイノシシによる被害が多く、イノシシによる被害防止が喫緊の課題となっているため、本プロジェクトではまずイノシシを対象とし、将来はシカ等、他の害獣にも適用が可能な技術開発と実証実験を行います。

EAMS ROBOTICSチャンネル

2018-07-26
E470MP+レッドエッジによるリモートセンシング

E470MP+レッドエッジによるリモートセンシング

レッドエッジは5波長の近赤外線を取得できる

レッドエッジは5波長の近赤外線を取得できる

熟練のオペレーターによる操縦

熟練のオペレーターによる操縦


【共同プロジェクト】イームズロボティクス&神明 ドローンやGPSで効率化を目指す

コメ卸最大手の神明(神戸市)はコメの生産に乗り出す。2019年にまず千葉県で30ヘクタールの水田を確保し、ドローン(小型無人機)や全地球測位システム(GPS)を使って効率的に生産する。収益性の高い栽培モデルを農家に示し、仕入れ先の減少を食い止める。将来は取扱量の5%を自社生産でまかなう考えだ。

記事引用元

2018-07-24
夏休み・ものづくり企業見学ツアーの様子

夏休み・ものづくり企業見学ツアーの様子

EAMS最新機体の展示

EAMS最新機体の展示

ドローンレース

ドローンレース


「夏休み・ものづくり企業見学ツアー」を開催いたしました

福島市さん主催の工場見学ツアーが開催され市内の小学生20名に、イームズロボティクスのドローンや関連技術などを紹介しました。
今年の夏は、とても暑く、近隣の体育館をお借りして、子どもたちに制御機能のあるトイドローンと、ないトイドローンを飛ばし比べてもらい、最後はチームに分かれてリレー競争もいたしました。

EAMS ROBOTICSでは、地元福島市をはじめとする地域貢献を目的にこうしたイベントにも積極的に参加・協力しております。

2018-05-30
講演会の様子

講演会の様子

実機によるデモ会

実機によるデモ会


株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)による「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」

EAMS ROBOTICSグループ企業「株式会社国際資源リサイクルセンター」(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催しました。

国際資源リサイクルセンターの千田谷直光代表取締役は、セミナーの開催にあたり「大きな可能性を秘めたドローンをぜひ活用してもらいたい。実際に御覧いただいて、体験いただいて、この機能がどういうものかを知っていただくのが、セミナーの目的です」とコメント。
会場には、EAMS ROBOTICSグループ企業のラポーザより貸し出したレーザードローンの展示の他、次期、開発中の農業用ドローンの展示をいたしました。

また、自動飛行実演会も行われ、ミッションプランナーを使ったデモ飛行が実演されました。
ミッションプランナーは、ArduPilotで制作されたオープンソース系フライトコントローラ「Pixhaek2」に対応した自動飛行システムで、E470SU1などの測量機にも対応。

実演に先立ち、簡単な機能や仕組みが紹介された後、あらかじめプログラムされた飛行ルートにしたがって、飛行をいたしました。
また、国際資源リサイクルセンターの担当者より、i-Construcstionのために必要なドローンと機材、そして価格について講演いただきました

引用元記事