2019-10-09

あらゆる電子制御モビリティの自律走行を実現する夢のプロジェクトが共同スタート

自動運転プログラム+準天頂衛星「みちびき」による高精度自律制御の実現

イームズロボティクス株式会社は、マゼランシステムズジャパン株式会社と準天頂衛星「みちびき」を活用した「自律走行ユニット」の共同開発を開始しました。

ドローンなどの無人機開発を手掛けるイームズロボティクス株式会社(COO:辺見 俊彦/以下、イームズロボティクス)と、多彩かつ高度な衛星測位技術で位置情報を得る受信機を開発するマゼランシステムズジャパン株式会社(代表取締役 岸本 信弘/以下、マゼランシステムズジャパン)はパートナーシップ契約を結び、協業を開始しました。

本パートナーシップ契約の締結により、イームズロボティクスとマゼランシステムズジャパンは中小農業機用械開発分野(ロボット農機)において、革新的な技術やアイディアを持つ両社の関係を強化すると共に、イノベーション創出を加速させます。

あらゆる電制御走行車両の自動運転を実現する「自律走行ユニット」の開発

イームズロボティクスは国内で自社開発したプログラムにより既にドローンをはじめとする無人機の自動運転を実現しています。基礎技術としての自律走行の手法は確立され、マーケットも成熟しつつありますが、従来のGNSS受信機を使った走行性能では、メーター級の誤差があり、地上走行にて実走させる段階にありませんでした。

マゼランシステムズジャパンは、準天頂衛星「みちびき」のL6信号を受信し、高精度かつ単独測位を実現するGNSS受信機を提供しています。マゼランシステムズジャパン製の受信機はセンチメートル級の精度を実現しており、イームズロボティクスが開発した自動運転プログラムとの親和性が極めて高いため、UAV(ドローン/無人航空機)やUGV(無人車両)などのロボット分野において、自律飛行・自律走行を実現するための超高精度による制御が可能となりました。

イームズロボティクスとマゼランシステムズジャパンは両社の強みを活かした「自動走行ユニット」を共同で開発することで屋外における高精度で正確な自動運転を実現します。この「自動走行ユニット」で提供する技術は、やがて社会のインフラとして求められると確信しています。

開発スケジュール予定:
- 「自律走行ユニット」の共同開発を開始(2019年夏)
- 「自律走行ユニット」のサービスリリース(2020年初旬予定)
- 「自律走行ユニット」の量産・販売(2020年予定)

ロボット農機のレベルと各社の開発状況


農林水産省では、農業用機械の自動運転における技術水準によってレベルを定義しており、レベル0が走行や作業、非常時の緊急操作など全てをオペレーターが手動で実施する「手動操作」、レベル1が慣性計測やGPSなどを備え、直進走行など操作の一部を自動化した「搭乗状態での自動操舵」、レベル2が無人状態で農機が自動走行することが可能ですが、オペレーターが圃場内やその周辺から常時監視し、危険の判断や非常時の操作を実施する「有人監視下での自動化・無人化」、そしてオペレーターがモニターなどで遠隔監視する下、自律制御を行うレベル3の「完全無人化」となっています。

既に、大手農機具メーカーでは、自動運転機能を搭載したトラクタなどが登場しており、GNSS以外にもレーザーセンサや音波センサなどを駆使し、レベル2程度までの自動運転が実現となっています。

一方、中小農機具メーカーではそうした中、開発力不足、資金から、新たな自律制御化の開発が困難である現状があります。

中小農機具メーカー向け「後付け」による自律走行の実現

ゼロから自動運転システムを開発するよりも、「自律走行ユニット」を後付けすることができれば、自動運転は早く、簡単に実現できます。「自律走行ユニット」は、既存の電子制御されている走行車両であれば、マシンの大小関係なく自律走行をさせることが可能です。

エンジン駆動タイプ、バッテリー駆動タイプなど、動力源が異なる場合でも、操作系が電子制御化されていれば搭載することができます。

「自律走行ユニット」は、タブレット(Windows対応)から任意でルートを構築し、走行させるモードの他、指定した範囲をジグザグ走行するモードや、特定のポジションで停止、旋回などのアクションを指定することも可能です。

一方、電子制御化された農機具はメーカーごとに制御方法が異なるため、自動運転を実現するためのサービスメニューも用意しております。エンジニア立会いのもと、「自律走行ユニット」の搭載方法の検討や電気信号の受け渡し方法などについて、十分な協議をしたうえで実装し、最終的な量産・販売までを支援します。

両社から提供する「自律走行ユニット」の最終成果物は、農機具メーカーごとの専用品として量産可能な状態で納品します。「自律走行ユニット」はイームズロボティクス本社(福島県)にて量産の予定です。

多周波対応GNSSアンテナ(マゼランシステムズジャパン)

プレス発表 第9回農業Week EAMS ROBOTICSブース内
2019年10月9日(水)~10月11日(金)
https://www.agriexpo-tokyo.jp/ja-jp.html

■小間番号 32-15「イームズロボティクス」


■会社概要

イームズロボティクス株式会社
・本  社 〒960-8074 福島県福島市西中央2-21 tel.024-573-7880(代表)
・産業用ドローンを中心とした自律機器の製造販売、ソリューションによるご提案と開発

マゼランシステムズジャパン株式会社
・本       社〒660-0083 兵庫県尼崎市道意町七丁目1番3号
              尼崎リサーチ・インキュベーションセンター315号
・超高感度・高精度衛星測位システムに関する研究・開発・ライセンス・機器の販売

2019-07-19
ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_001

ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_001

ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_002

ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_002

ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_003

ドローンによる遠隔地制御システムのインテグレーション_003

広域津波広報訓練実施

仙台市様・NTTdocomo様・イームズラボ・イームズロボティクスにて、2019年3月に仙台市にて実施されたドローンによる広域津波広報訓練の映像が公開されました。弊社では、遠隔地制御システムのインテグレーションを引き続き進めて参ります。

2019-07-01
役員変更のお知らせ

役員変更のお知らせ

役員体制の変更と グループ体制について

イームズロボティクス株式会社(本社:福島県福島市)はこのたび役員体制の変更を行い
ました。
今後の成長投資に伴うグループガバナンスの強化のため、代表取締役CEOに、齋藤仁
(経営全般)、事業推進・開発・販売の強化のため、常務取締役COOに、辺見俊彦(事業
執行責任者)、常務取締役CFOに門馬 敬(財務担当)取締役に、齋藤一男(総務・浜通
り開発センター担当)として会社の運営をしてまいります。
イームズロボティクス株式会社は、機体の企画開発及びマーケティング・機体の組み立て及
び補修メンテナンス・各種ソリューション提供・オペレーター指導・産学官のプロジェクトマネ
ージメントを担い、先端的な実証機体や運行に対する取り組みを推進してまいります。
株式会社イームズラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、より先端的開発の強化ため、代表
取締役CEOに、辺見 俊彦(経営全般・事業執行責任者) 取締役に、銭谷 彰(開発担当)
取締役(非常勤)に斎藤 仁として会社の運営をしてまいります。
これからも私たちイームズグループは、UAVを含むすべての製品とソリューション提
案によって「人間が行うには危険な仕事」「人間にとって極めて重い労働」「多くの人数と労
力・時間を必要とするもの」をロボティクス技術に置き換えてまいります。
また、クライアントが抱える問題に対しても、解決力をもって提案し、社会に必要とされる
「道具」としてのソーシャルロボティクス企業を目指し、人・研究・アイデア・技術・部材を
繋げながら広くビジネス展開をしてまいります。

2019-06-28

株式会社ゼンリン、九州旅客鉄道株式会社、イームズロボティクス株式会社、三社合同による「みちびき」を活用した飛行実験を実施

株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:髙山 善司、以下「ゼンリン」)と九州旅客鉄道株式会社(本社:福岡市博多区、代表取締役社長執行役員:青柳 俊彦、以下「JR九州」)、イームズロボティクス株式会社(本社:福島県福島市、代表取締役:辺見 俊彦、以下「イームズロボティクス」)は、準天頂衛星「みちびき」を利用して空のインフラ構築に向けたドローンによる効率的な空域利用の実証実験を行い、従来のGPSよりも空域の有効活用の可能性を見出すことに成功しました。
今回の取り組みは、内閣府による実証実験の公募に基づき実施されたものです。

■お知らせ全文

株式会社ゼンリン https://www.zenrin.co.jp/
九州旅客鉄道株式会社 https://www.jrkyushu.co.jp/

2019年6月28日
株式会社ゼンリン
九州旅客鉄道株式会社
イームズロボティクス株式会社

2019-06-27
USV ZR-6

USV ZR-6

USV ZR-6デモ会のお知らせ【6/30 宇都宮市】

EAMS ROBOTICS
新製品 USV ZR-6の実機デモンストレーションを実施いたします。

日時:6/30(日)
   8:30~(雨天決行)

集合場所:〒321-0901 栃木県宇都宮市平出町2872
     公民館 
     駐車場内
https://goo.gl/maps/5txd1se4qiSnKA1DA

散布場所:宇都宮市平出町2808-1の水田  約5反の圃場  
※麦田の後の圃場に水を張っておいて頂けます
参加者:4~7名程度(農家主人)

新製品:USV ZR-6
https://eams-robo.co.jp/products.html#boat

デモ会主催:株式会社国際資源リサイクルセンター
      事業推進部 企画推進課(D-global)

2019-06-27
UGVのデモ機

UGVのデモ機

高精度測位に対応した受信機

高精度測位に対応した受信機

ロケーション ビジネス ジャパン(LBJ) 2019 出展報告

6月12日(水)から14日(金)まで3日間、幕張メッセ(千葉市)で「ロケーション ビジネス ジャパン(LBJ) 2019」が開催されました。
位置情報ビジネスをテーマとしたこのイベントには、屋内外の測位技術やそれに関連した最新機器、位置情報を活用したソリューションやサービスなどさまざまな展示が行われました。

マゼランシステムズ 様のご出展により、お客様のご関心を非常に集め、内閣府のみちびきのサイトでも掲載いただきましたのでご案内致します。

https://qzss.go.jp/events/lbj2019_190613.html

2019-05-23
災害時に活躍する物流ドローン

災害時に活躍する物流ドローン

沖縄地方非常通信協議会 受賞の様子(東京電機大学リエゾンフェロー/EAMS ROBOTICS顧問 横田 勝彦氏)

沖縄地方非常通信協議会 受賞の様子(東京電機大学リエゾンフェロー/EAMS ROBOTICS顧問 横田 勝彦氏)

沖縄地方非常通信協議会 表彰状

沖縄地方非常通信協議会 表彰状

救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク 令和元年度沖縄地方非常通信協議会にて受賞いたしました


令和元年5月16日

救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク(東京電機大学リエゾンフェロー/EAMS ROBOTICS顧問 横田 勝彦氏)は、沖縄地方非常通信協議会にて受賞いたしました。
救急・災害時ドローンプラットドームネットワークはEAMSが参画しているプロジェクトです。


1 被表彰者及び功績の概要

(1) 島尻消防組合消防本部(消防長 屋比久 学)
  平成30年度沖縄県総合防災訓練への参加及びドローンによる交通困難地域への災害対策用移動通信機器の搬送訓練の実施にあたり多大な貢献をした。
(2) 救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク(東京電機大学リエゾンフェロー/EAMS ROBOTICS顧問 横田 勝彦氏)
  平成30年度沖縄県総合防災訓練への参加及びドローンによる交通困難地域への災害対策用移動通信機器の搬送訓練の実施にあたり多大な貢献をした。
(3) 一般財団法人移動無線センター関東センター沖縄事務所(所長 佐渡山 安好)
  平成30年の台風24号による長期間の停電において、自家用発電機を用いて必要な電力を5日間供給し続け、防災無線を補完するMCAサービスの確保に多大な貢献をした。


2 表彰日・場所

(1)日時:令和元年5月16日(木)13:30~
       ※令和元年度沖縄地方非常通信協議会定期総会にて表彰
(2)場所 沖縄産業支援センター 3階中ホール(那覇市小禄1831番地1)


3 沖縄地方非常通信協議会の概要

(別紙)

記事引用元(参照サイト)

2019-05-15

EAMSドローンスクール(JUIDA認定校)

EAMSドローンスクールが開校いたしました。
ドローンの安全運用が広く普及し、より高く確かな技術・知識を求めらることが増えています。
その一助として、JUIDAライセンスの取得をぜひご検討ください。

講師陣は、テレビや各種映像コンテンツの撮影をはじめ、インフラの点検や環境調査など、国内外問わず幅広い業務実績を持つ現役のパイロットで、受講生の様々な疑問にお応え出来ます。

イームズロボティクスが実施している、イームズ製ドローン購入時の導入講習に加え、JUIDA講習を追加していただくことも可能です。詳細、ぜひお問い合わせください。

EAMSドローンスクールHP

2019-05-08
USV ZR-6(農薬散布ボート)

USV ZR-6(農薬散布ボート)

USV ZR-6(農薬散布ボート)

USV ZR-6(農薬散布ボート)

USV ZR-6(農薬散布ボート)

USV ZR-6(農薬散布ボート)

新製品 USV-ZR-6 製品紹介


中型ボートタイプのUSV。
ラジコン操作により、水田に農薬を散布するための機体です。

水稲栽培におけるほぼ全ての農薬(液剤)を散布することができます。
FRP素材のため軽量で、他の畑にドリフトするリスクもなく、プロペラボートの特性を活かした高い運用性が特徴です。

2019-03-13
ドローンに模擬医薬品を積み込み、運搬する実証実験=12日午後、浜松市天竜区の佐久間病院

ドローンに模擬医薬品を積み込み、運搬する実証実験=12日午後、浜松市天竜区の佐久間病院

医薬品を運搬、目視外飛行 浜松山間部、ドローン実験締めくくり

イームズロボティクスの開発部門を担う「イームズラボ」よりリリースをお知らせいたします。

以下、記事より抜粋

 医薬品運搬など医療分野での小型無人航空機「ドローン」と人工知能(AI)の利活用に向け、浜松市の中山間地域で実証実験に取り組んでいる同市と浜松医科大、小型無人機の研究開発会社「イームズラボ」は12日、第4回実験を同市天竜区佐久間町で行った。一連の実験の締めくくりとして完全自動制御されたドローンの目視外飛行による医薬品などの運搬を実証した。
 市職員や医師、同社社員ら約20人が参加した。今回はNTTドコモが協力し、実験のために国から許可を得たドローン専用の通信機器を搭載。携帯電話の回線を利用して長距離のデータの送受信を可能にした。飛行情報やカメラからの映像をリアルタイムで確認することができ、目視外飛行で求められるドローンの監視機能になる。
 佐久間病院屋上から同町の下川合橋付近の河川敷までの約2・1キロ間で模擬医薬品、検体を運搬した。ドローンは飛行プランに沿って天竜川、大千瀬川の上空約70メートルを飛行。離着陸まで自動で実行し、片道約6分間で安全に運んだ。
 実験は、大雨や災害で頻繁に道路の寸断が起こる中山間地域の医療拠点である同院をベースに、17年5月から実施。市担当者は「無人地帯で目視外飛行という環境下での運搬の安全を示せた」と語る。同大付属病院救急部の斉藤岳児講師は「実用化には法律の規制の壁がまだ高い。生死に関わる医療用ドローンの早めの実現につなげていければ」と話した。

静岡新聞 2019年3月13日 記事より抜粋