2020-11-05
利用予定のドローン機体(イメージ図)

利用予定のドローン機体(イメージ図)

各拠点をドローンで結ぶ空の物流ネットワーク構想

各拠点をドローンで結ぶ空の物流ネットワーク構想

【佐川急便】地方自治体とドローンを活用した複数拠点間輸送の実証実験のお知らせ

佐川急便株式会社は、環境省の補助金執行団体である一般財団法人環境優良車普及機構※1の「過疎地域等における無人航空機(以下:ドローン)を活用した物流実用化事業※2」に係る公募に採択されましたので、お知らせいたします。各地方自治体※3(島根県邑智郡美郷町、香川県小豆郡土庄町、福井県丹生郡越前町)と共同で、本年度中に離島・山間部におけるドローンを用いた複数拠点間輸送に関する実証実験の開始を目指します。

今回の実証実験は、ドローンの機材提供ならびにオペレーション全般をイームズロボティクス株式会社※4、各地方自治体との協議会の運営等を一般社団法人空の駅協議会※5の全面協力を得て行います。佐川急便の各営業所より特定の配送拠点へ荷物を輸送した後、ドローンを用いて中継点(地域の公共施設)を経由し、終着点までの輸送を行います。なお操縦については、佐川急便の東京本社を拠点とし、遠隔地からの目視外操縦でドローンを飛行させます。
山々が連なる美郷町での複数拠点間輸送を皮切りに、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の土庄町ではドローンによる離島間の海上輸送、日本海に面した越前町では開発中の169MHz帯を活用したドローンにより、災害時を想定し、一般的な携帯電話のLTE通信回線が途絶した場合でのドローン飛行の実証実験を行ってまいります。

近年、物流業界は新型コロナウイルス感染拡大の影響により宅配事業の需要が高まる一方、将来的な少子高齢化にともない、担い手が不足することが懸念されております。特に離島・山間部などにおいては、船舶輸送あるいは山越えが必要となります。集落間の移動距離が長いことなど、地理的特性もあり、今後このような地域において、現状の輸送手段だけではサービス品質の維持が困難となることが想定され、新たな手段の検討が求められております。

国際社会においては、「持続可能な開発目標(SDGs)」や気候変動に関する国際的枠組みである「パリ協定」など脱炭素化の取り組みが求められております。こうした潮流の下で佐川急便では、CO2排出量削減などの地球温暖化防止を目指した様々な環境保全活動を行っております。また、佐川急便は災害対策基本法に基づく指定公共機関※6として、災害時には国や自治体と協力して緊急事態に対応する責務を有しており、被災地へ救援物資を届ける上でも、ドローンによる輸送は有力な手段のひとつであると位置付けております。

今回の実証実験で、車両による輸送をドローンに代替することによりCO2排出量の削減、災害時の有効活用や、将来的な物流業界における労働力不足の解消が期待できます。

佐川急便はこれからも持続可能な社会形成に向けて、新たな輸送手段の研究開発に努めてまいります。

※1 一般財団法人環境優良車普及機構(LEVO)
  自動車公害の軽減・防止および交通の安全を図るとともに、エネルギー消費の効率化、地球環境の保全等を目的に活動を行う財団法人となります。
※2 過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業
  国土交通省と環境省連携の社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業のひとつであり、荷量の限られる過疎地域において、既存物流から無人航空機物流への転換を支援し、輸配送の効率化によるCO2排出量の大幅削減とともに、人口減少・高齢化に伴う労働力不足対策や、災害時も含め持続可能な物流網の構築を目標としております。
※3 各地方自治体の詳細
  島根県邑智郡美郷町(https://www.town.shimane-misato.lg.jp/
  所在地:島根県邑智郡美郷町粕渕168
  人口:4,517人(2020年10月1日現在)
  香川県小豆郡土庄町(http://town.tonosho.lg.jp/
  所在地:香川県小豆郡土庄町甲559-2
  人口:12,924人(2020年8月1日現在)
  福井県丹生郡越前町(http://www.town.echizen.fukui.jp/
  所在地:福井県丹生郡越前町西田中13-5-1
  人口:21,093人(2020年8月1日現在)
※4 イームズロボティクス株式会社
  設立:2016年3月28日
  事業内容:産業用ドローンを中心とした自律モビリティの製造販売・開発。MADE IN JAPANの安全性、クオリティ、サポート体制を提供。
  所在地:本社 福島県福島市西中央2-21
  イームズロボティクス株式会社 ウェブサイト(https://eams-robo.co.jp/
※5 一般財団法人 空の駅協議会
  空の駅事業をはじめとし、ドローンの普及拡大を通じて住民生活の質の維持・向上と地域の災害に対する強靭さを高めることを目的としている。
  事務局:一般社団法人再生可能エネルギー保全技術協会
  同所在:東京都港区新橋2-15-20 新橋駅前ビル一号館
※6 指定公共機関
  内閣総理大臣が指定する国や地方公共団体と協力して緊急事態などに対処する機関。医療・電気・電気通信・放送・ガス・運送事業者などで、災害対策基本法・国民保護法・武力攻撃事態法などでそれぞれ指定されている。


≪佐川急便公式HP ニュースリリース(ニュース2020年)内より抜粋≫
https://www2.sagawa-exp.co.jp/newsrelease/detail/2020/1104_1630.html

2020-10-23
出展情報

出展情報

サービスイメージ

サービスイメージ

2パターンのRTKサービスを提供

2パターンのRTKサービスを提供

SATEX2020 出展のお知らせ

SATEX2020(衛星測位・位置情報展)
会期:2020年11月4日(水)~11月6日(金)
会場:東京ビッグサイト南4ホール(ソフトバンクブース内)

EAMS ROBOTICSはソフトバンク社の提供するichimill(イチミル)利用した
小型UGVを出展いたします。

ichimill(イチミル)は、準天頂衛星「みちびき」などのGNSSから受信した信号を利用してRTK測位を行うことで、誤差数センチメートルの測位を可能にするサービスです。


≪参考URL≫
https://www.n-plus.biz/satex/outline/

2020-10-19
圃場の上空を飛行するAS16

圃場の上空を飛行するAS16

将来は5G対応により遠隔地での制御も可能

将来は5G対応により遠隔地での制御も可能

CLAS対応(左)とL1対応(右)の2アンテナを搭載

CLAS対応(左)とL1対応(右)の2アンテナを搭載

内閣府HP「イームズロボティクス、みちびきCLAS対応の農業散布ドローンを開発」掲載のお知らせ

内閣府みちびき(準天頂衛星システム)
位置情報活用事例に弊社開発中のUAV AS16が掲載されました。

以下、関連記事より抜粋

イームズロボティクス、みちびきCLAS対応の農業散布ドローンを開発

農薬や肥料の散布を始め、蒔種、受粉、農産物運搬、生育状況や病害虫発生の監視、鳥獣被害対策など、ドローン技術は農業分野でのさまざまな活用が期待されています。こうした農業用のドローンに、みちびきの高精度測位を活用する取り組みが始まっています。
福島市に本社があるイームズロボティクス株式会社はこのほど、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターと株式会社日立システムズと共同で、みちびきのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)に対応した農薬散布用ドローン「エアロスプレーヤーAS16」を開発しました。

一度の飛行で2ヘクタールへの農薬散布が可能

AS16は、みちびきのL6信号に対応したGNSS受信機を搭載した農薬散布用ドローンです。機体サイズはモーター軸間180cm、最大離陸重量48kgと大型ですが、6本のプロペラアームと散布ノズルアームを折り畳めるため、軽トラックなどの荷台に積載して運搬できます。
イームズロボティクスはこれまで、一般的なL1対応GNSS受信機を搭載した農薬散布ドローン「エアロスプレーヤーAS5 II」を提供してきました。AS5 IIのペイロードは5kgで、最大5リットルのタンクを備えていますが、今回発売したAS16のペイロードはその4倍となる約20kgで、16リットルもの農薬を搭載できます。農薬散布用ドローンとしては最大級の大きさで、散布飛行時間は最大20分となり、一度の飛行で2ヘクタールの面積に農薬を散布できます。

AS16の測位方式にみちびきのCLASを採用した理由を、イームズロボティクスの風間有氏(東京支社・農業機担当)に聞きました。
「ドローンによる農薬散布でもっとも懸念されるのは、自動飛行中に衛星測位の誤差によって隣りの圃場に薬剤を散布してしまうことです。また、測位精度が高い方が、大型の機体でもより安全に着陸できます。実際に行った着陸時の精度検証では、風の影響などで数cmとまではいかないものの、約10~20cmという精度の高さを確認できました。この精度であれば農薬散布で十分利用できるので、CLASを採用しました」(イームズロボティクス 担当者)

高精度測位を採用するに当たってRTK方式(Realtime Kinematic、固定点の補正データを移動局に送信してリアルタイムで高精度に位置を測定する方法)ではなく、みちびきのCLASを採用したのは、基準局を設置する必要がなく、山間部の圃場では携帯電話の電波が届かない可能性があり、ランニングコストが不要であることなどが理由です。

範囲指定だけで自動的にフライトコースを生成

AS16は、みちびきのL6信号に対応したCLAS用アンテナと、L1信号対応アンテナの2つを搭載しており、マゼランシステムズ製のCLAS対応マルチGNSS受信機に接続しています。
「社内で既存の農機に後付するCLAS対応の自律走行ユニットを開発しており、AS16にもその技術を転用したため、開発はそれほど難しくはありませんでした。ただ、地上走行車両と違いドローンは空中を飛行するので、圃場の環境や時間帯によってL6の受信が不安定になるとL1の位置情報へ急に引っ張られる場合があり、そうした際に機体の制御が不安定にならないよう調整しました」

フライトコントローラーはHEX社製の「Pixhawk2.0」を使用しており、飛行ルートの設定にはオープンソースソフトウェアの「Mission Planner」を元に独自開発した専用ソフトを使用しています。タブレットに表示された地図上で圃場の範囲を指定するだけで自動的にフライトコースが生成されるので、ドローンの離陸から飛行中の農薬散布、着陸に至るまで自動で制御できます。
また、機体には高度測定用の気圧計に加えてレーザーレンジファインダーを搭載しており、地面との距離を測定することで、高精度な対地高度維持が可能です。この点を風間氏は、「農薬散布を行う場合は、農水省の指針で飛行高度が決められており、高さ方向の精度を向上させるために追加のセンサーを設けました」と説明します。

将来は5G対応により遠隔地での制御も可能に

データ通信機能は4G LTEにも対応しており、モバイル回線経由で機体パラメーターなどの情報を遠隔地から確認できるほか、将来的には遠隔地からドローンを飛行させることも検討しています。
「現在は4G LTE対応ですが、将来は5G対応も視野に入れています。AS16にはカメラを搭載していませんが、今後、航空法などの改正が進めば、遠隔地からカメラで監視しながらスイッチ一つで農薬散布を行えるようにすることも検討しています。遠隔地からドローンを制御するには測位精度が高いほうが信頼性が増すので、CLASの重要性は一層高まると思います」

同社は、農薬散布以外にも、物資運搬や施設・設備点検、災害対応などの分野でCLAS対応のドローン開発を検討しています。今年度は、みちびきを利用した実証事業公募にも「みちびき+LTEのダブル高精度測位によるドローン物流システム」のテーマで採択され、実証実験の準備を進めています。
「今後、CLAS対応のアンテナや受信機の小型軽量化が進めば、AS5 IIのような小さい機体にも取り付けられるようになります。CLAS対応農薬散布用ドローンはまだそれほど普及していないので、低価格化による市場の拡大を期待しています」(風間氏)

AS16の発表後、同社には農薬散布事業者や農協などから問い合わせが寄せられているそうです。AS16は受注生産で、今年(2020年)中の発売を予定しています。

(取材/文:片岡義明・フリーランスライター)

(内閣府 みちびきHPより「位置情報活用事例」項より抜粋)
https://qzss.go.jp/usage/userreport/eams-robo_201019.html

2020-10-01
共同研究で開発した大型機体 エアロスプレーヤー AS16

共同研究で開発した大型機体 エアロスプレーヤー AS16

右:GNSSアンテナ / 左:準天頂衛星受信アンテナ 

右:GNSSアンテナ / 左:準天頂衛星受信アンテナ 

AS16の折り畳んだ状態

AS16の折り畳んだ状態

東京都立産業技術研究センターと日立システムズ共同で準天頂衛星みちびきと4G LTE対応大型散布ドローンを開発

イームズロボティクス株式会社(本社:福島県福島市、代表取締役 辺見 俊彦)は、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(東京都江東区、理事長 奥村 次徳)と株式会社日立システムズ(東京都品川区、代表取締役 取締役社長 柴原 節男)との共同研究で準天頂衛星「みちびき」の補正情報を受信でき、且つ4G LTE対応が可能な16L農薬散布機体を開発しました。

(※(地独)東京都立産業技術研究センター ロボット産業活性化事業 サービスロボットSIer人材育成事業の採択を受け開発) 

従来のGNSS受信機器でも準天頂衛星からの信号は受信可能ですが、さらに高精度の位置情報を得るためには準天頂衛星からのL6信号(センチメーター級測位補強信号)を受信・解析しドローン本体へフィードバックする必要があります。

今回開発した機体にはそれらの処理を可能とするユニットを機体内部に搭載しています。

準天頂衛星補正情報利用の利点としては地上側にRTK基地局などの基準局が不要なこと、開始前の測量作業が不要になることです。また、専用SIMを内装し、4G LTE経由で機体パラメーター等の情報を遠隔地で確認が可能になる他、将来的には遠隔地からの指示でドローンを飛行させることも可能となる技術です。さらに後々普及が期待されている5Gでの利用も視野に入れ今後対応予定です。

機体の散布性能としては、液剤を最大16L搭載可能で散布飛行時間最大20分となっており、一度の飛行で2haの面積を散布することができます。また、機体には高度を維持するためのレーザーレンジファインダーを搭載し、地面との距離を測定する事で、気圧計だけでは不安定な対地高度維持を補助します。

モーター軸間1800mm、最大離陸重量48kgと大型ですが、機体の6本のプロペラアームと散布ノズルアームは折りたたむことができるので軽トラック等での運搬も可能です。  大型で約20kgペイロードの性能を有しているため、農薬散布以外にも本機体プラットフォームを活かし、物流や物資輸送、災害対策等多岐にカスタム可能なフレーム設計のため、大型機体の割合が増えている市場のニーズに合わせられる機体になっています。


受注開始:2020年11月予定
販売価格:希望小売価格(詳しくはお問い合わせください)

【お問い合わせ先】

株式会社日立システムズ
お問い合わせWebフォーム:https://www.hitachi-systems.com/form/contactus.html
HP:https://www.hitachi-systems.com/

イームズロボティクス株式会社
TEL :049-293-8556
E-mail:info@eams-robo.co.jp
HP:https://eams-robo.co.jp/

引用元:https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=28564&release_id=4&owner=1

2020-09-09
目視外飛行実証実験に使用した機体 E6106MP・E477

目視外飛行実証実験に使用した機体 E6106MP・E477

電力設備の上空からの巡視

電力設備の上空からの巡視

運航・空域管理の様子

運航・空域管理の様子

【Gridskyway】目視外飛行実用化に向けた実証実験へ参画しました

Gridskywayは 目視外飛行の実用化に向け
電力設備を活用した実証を実施しました。

弊社はこのプロジェクトに参画し、
電力設備 巡視への適用性を検証いたしました。
平時 および 非常災害時の迅速な現場把握(レジリエンス強化)を目的に
複数台のドローン(UAV)同時飛行を実施しました。


実証では、東京(虎ノ門ARCH)ならびに現地(茨城県内)において
システムによりドローン飛行の運航・空域管理を実施しました。
システムによる遠隔監視で「実機の監視」「機体同士の衝突回避」の実効性を確認しました。
また、鉄塔上の気象センサーとシステムとの連携により
「実機周辺の気象把握」の実効性を確認しました。

■グリッドスカイウェイ有限責任事業組合
https://www.gridskyway.com

物流や農林水産業など今後ドローンの利活用が期待される様々な事業者と、ユースケース実証を通して新たなビジネスモデルの検証をめざします。
また、インフラ維持管理や災害対策(レジリエンス強化)へのドローン利活用に向け、技術面・制度面双方からドローンの目視外飛行を支援する航路プラットフォームに求められる要件の整理・検討を行います。
航路プラットフォーム

ドローンや空域に関する情報を集約して一元管理し、運航者に安全かつ効率的な飛行を支援するシステムを中心に、ドローンの飛行をサポートする気象センサーやドローンポートなどの機器を備えたプラットフォームの構築をめざします。


■動画はコチラからご覧いただけます

2020-08-19
新型フレームは機体の運用効率を向上させる効果が得られた

新型フレームは機体の運用効率を向上させる効果が得られた

空気の流れを加速することで高い推進力を実現

空気の流れを加速することで高い推進力を実現

将来は点検事業などに活躍が期待される

将来は点検事業などに活躍が期待される

独自開発したドローン用フレームで飛行能力を大幅に向上

EAMS ROBOTICSは新しいタイプのUAVフレームの研究開発を行っています。
この研究は当社R&Dセンターで行われています。

従来のUAVに比べ、飛行能力・機能の向上させることを目的に研究開発を進めています。


■独創的なフレーム形状

プロペラ下に筒状のホールを形成したデザインになっており、気流を効率よく捉え飛行性能を向上させる設計になっています。空気の取り組み口面積が吐き出し口面積よりも大きいため推進力を増す効果がにより、空気の流れを加速されることで、ホール内面の圧力が低下し、高い推進力を実現しました。


■水面からでもフライトが可能
丸みを帯びたボウルのような形状は、水面でも安定して浮くことができます。
軽量で丈夫な素材を使用しており、プロペラ周囲をガードする役割も兼ねています。


【用途の一例】
・橋梁点検
・そのほか、インフラ点検



【特許出願中】

国際PCT出願
出願番号(PCT/JP2020/30859)

2020-08-19
株主変更のお知らせ(1)

株主変更のお知らせ(1)

株主変更のお知らせ(2)

株主変更のお知らせ(2)

株主変更のお知らせ

8月17日(月)付けにてイームズロボティクス株式会社の主要な株主の変更がありましたので
ご報告いたします。株主構成は、以下の通りです。


イームズロボティクス株式会社

資本金             3000万円
株主
株式会社菊池製作所     50.03%
株式会社テレビユー福島   33.72%
株式会社MTS&プランニング 16.24%

※持ち株比率は小数点第3位以下を切り捨てて標記しております


また、以下の通り、役員体制の変更を行いました。


■ 取 締 役
代表取締役 辺見 俊彦(経営全般)CEO
取締役   齋藤 一男(財務・総務担当)
取締役   曽谷 英司(事業戦略・営業担当)
取締役   錢谷  彰(R&D技術担当)
取締役   菊池  功(非常勤・株式会社菊池製作所 代表取締役社長)
監査役   山本 大介


以上


別紙リリース文面をご覧ください。

2020-05-01
合併のご挨拶

合併のご挨拶

イームズロボティクス株式会社は株式会社イームズラボと合併いたしました

謹啓 新緑の候、貴社におかれましてはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
さて、このたびイームズロボティクス株式会社は100%子会社である株式会社イーム
ズラボを吸収合併することと相成り、令和2 年5 月1 日よりイームズロボティクス株式会
社として新たな出発をいたします。

福島では本社・量産機能をもち、埼玉県ふじみ野市ではR&D センターとして新機体の開発等に取り組んでまいります。
今回の合併により、UAV・UGV 等の開発、設計、製造、販売および保守に至る一貫した体制のもと、
より情報共有を密にし、お客様のご要望にお応えするため、役員ならびに社員一同さらに業務に精進いたしたいと存じます。

これまで両社に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますと共に、新会社への今後一層のご支援ご鞭撻のほどを心よりお願い申し上げます。
本来なら拝眉のうえご挨拶申し上げるべきところ、はなはだ略儀でございますが書中をもってご挨拶申し上げます。


謹白

令和2 年5 月


イームズロボティクス株式会社
代表取締役 斎藤 仁

2020-03-10
専用ボックスに入れた医療物資をドローンへ積載

専用ボックスに入れた医療物資をドローンへ積載

目的地の小国公立病院屋上に着陸

目的地の小国公立病院屋上に着陸

「ドローンを用いた高品質医療物流サービスの実現に向けた実証試験」に参画いたしました(追記)

「ドローンを用いた高品質医療物流サービスの実現に向けた実証試験」に参画いたしました。
イームズロボティクスは、グループ会社のイームズラボと共に「ドローンを用いた高品質医療物流サービスの実現に向けた実証試験」に参画いたしました。


熊本赤十字病院様のプレスリリース
https://www.kumamoto-med.jrc.or.jp/newssys/12164


実験は、熊本赤十字病院(熊本市)が主体となって2020年2月26日に実施。同県内に局地的豪雨が発生し、小国公立病院(熊本県小国町)が孤立した設定のもと、
小国小学校の駐車場から同病院までドローンを用いて医療資機材と血液などを輸送。
イームズは、小国公立病院と小国小学校の輸送を担うドローンの機体アレンジ及び空路調整、運行コントロールを実施いたしました。

熊本県民テレビ様のホームページにて、実証のVTRを確認することができます。
https://www.dr-tvtan.jp/program/24399/


■追記
詳細はコチラでもご覧いただけます
https://www.dr-tvtan.jp/program/24399/

2020-02-03
暗闇の中で行われる下水道点検用ドローンの飛行試験(日本経済新聞)

暗闇の中で行われる下水道点検用ドローンの飛行試験(日本経済新聞)

日本経済新聞に当社のUAVが掲載されました

【エンタメからプラント点検まで ドローンで羽ばたく新産業】
日本経済新聞(2020.1.28)

下水道点検用ドローンの飛行試験の内容が、掲載・紹介されました。
以下、記事となります。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54793140U0A120C2000000/



以下、記事抜粋
ドローンによる点検は工場だけでなく、老朽化した道路や橋、下水道などのインフラでも活用が期待される。東京都下水道サービス(東京・千代田)は、日立製作所と共同で下水道管点検システムを開発している。マンホールの直径より小さなドローンを管内に入れ、モニターを通じて地上から操作することを目指す。点検中の急激な増水や、硫化水素の発生による作業員の危険を回避する。15年の下水道法改正で、自治体に管路の定期点検が義務化され、効率的な点検方法が模索されている。